歯周病

日本の成人の約80%が
感染している歯周病

歯周病

歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。

歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。

歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。

歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯磨きでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。専門的な治療が必要なるケースがあります。

そもそも歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

こんな症状を感じたら

歯周病とは?
  • 歯磨きの時の歯茎からの出血
  • 口臭がある
  • 口の中がネバネバした感じ
  • 歯茎のはれ、紫がかった赤み
  • 歯茎から膿が出る
  • 硬いものを噛んだ時のきしみやぐらつき
  • 歯茎が下がり歯が長く見える
  • 歯茎のかゆみ

などの自覚症状がある時は、かなり歯周病が進行しております。

歯周病は全身の疾患である高血圧、糖尿病、心臓病を引き起こす原因にもなるので、お口の状態を良好にする事は、全身の健康維持にもつながります。いかなる病気もそうですが、なってから治すのではなく、なる前の予防が1番の治療法なのです。

歯周病の原因

歯周病の直接的な原因は「プラーク(歯垢)」と呼ばれる細菌です。

プラークは、歯に付着している黄白色の粘着性のある軟性付着物です。

日々のブラッシングが不十分だと、口腔内にプラークが溜まっていき、プラーク内に増殖した歯周病菌が毒素を出し、歯茎が侵されることで歯周病は発症・進行します。

毎日のブラッシングに加え、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けてしっかりとプラークを除去していないと、口腔内の歯周病菌が増殖し、歯周病が発症・進行しやすくなってしまいますので、3~6ヶ月に一度は定期健診を行なうことをおすすめします。

歯周病治療の流れ

歯周ポケット診査・口腔内撮影
歯周病とは?

歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていきます。

プラークを除去
プラークを除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。

歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。

簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

歯石や歯垢(プラーク)除去
歯石や歯垢(プラーク)除去

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。このような場合は外科的な治療が必要となります。

麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去します。

定期的なメンテナンス
定期的なメンテナンス

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。

再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-11-4
大阪駅前第4ビル2階

診療時間
9:30~13:30 × ×
14:30~20:00 × ×

祝日のある週は水曜午後診療(14:30~20:00)を
行っています。

06-6343-8049 英語対応可 / Available in English